All posts by jjrise

凛として時雨 illusion is mine

凛として時雨 illusion is mine

 

 

凛として時雨が2010年9月22日に発売したアルバム「still a Sigure virgin」。

オリコンチャートでは自身初となる週間1位を獲得した1枚です。

今回はこの中に収録されている「illusion is mine」をご紹介します。

私が凛として時雨の曲を初めて耳にしたのはこの曲でした。

 

歌い出しは囁くような女性のヴォーカル、そして徐々にドラムが絡み、

音が重なりながらサビに突入していく高揚感と疾走感は正に「illusion」!

ふわふわと揺れる感じの曲調は水の中を表しているようで、

聞き入っていると音の色味に溺れてしまいそうです。

 

何より耳から離れなかった…というか、この曲を歌っているのは誰だ?タイトルは?

と思ったのはサビで重なる男性ヴォーカルのハイトーン。

あれ?男性が歌っているにしてはキーが高いけれど

どうしてこんな高いキーで歌っているのだろう?

昔私が所属していたバンドのヴォーカル(男)も目立つからという理由で

わざと1オクターブ上げて歌っていたりしたけれど、

他にそんなことをする人がいるなんて…。

私はこの曲を切り口にバンドを知り、しばらくは彼らの曲をヘビーローテーション。

正直言って、万人にお勧めとはいかないと思いますが

この曲はとても聞きやすい1曲なので興味を持った方は是非。

 

他の楽曲でも見事なまでのハイトーンで歌い上げています。

この男女ツインボーカル、格好いい!

難易度高そうだけれどコピーしてみたい!と思うと同時に、

バンドが楽しかった若かりし頃を思い出した1曲です。

 

ライター:さくらもち

 

 

公式サイト